アイリッシュtop.jpg 或る日のA.E.U.G宇宙戦艦アイリッシュ ※艦載機の受け入れ態勢を整えつつあるアイリッシュ

2009年08月23日

「ムサイ級軽巡」のMS収容・発艦について誤結論訂正立心偏の続き

「ムサイ級軽巡」のMS収容・発艦について 誤結論訂正立心偏 の続き

インタビュアー: ガンダマーの考察学者だっちん(Dacchin)氏も「コムサイ」発射時の排煙ダクトの存在を確認されましたね?

テスパッド: たしかに「ムサイ」艦首両舷には「コムサイ」発射時の排煙ダクトがあります。「コムサイ」発射時にここから排気している設定画もあります。これもガンダム考察最高評議会(Gundamer Supreme Council of Consideraties、SCC) のメンバーの方々にとって疑いの無い事実(TV画像有り+設定画有り)だと思います。

インタビュアー:だっちん(Dacchin)氏は、「コムサイの噴射をモロにくらってしまう」から「あの位置にMSデッキの様な物はないのでわ?」と指摘されていますが…

テスパッド:しかし、それだけの理由で「その位置まではコムサイの噴射をモロにくらってしまう」から「あの位置にMSデッキの様な物はないのでわ?」としなくても良いのではないかとも思います。そのあたり少し見てみましょう。▼▼▼ 続きを読む? ▼▼▼
posted by ねも at 10:25| Comment(5) | TrackBack(0) | ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

ムサイ級宇宙軽巡洋艦のMSハッチ、新発見か

ムサイ級宇宙軽巡洋艦のMSハッチ、新発見か

l   UC0109年09月18日 05:13 発信地:Zの書/グラナダ


スレンダーザク収容.jpg
ムサイ級宇宙軽巡洋艦「ファルメル(Farmel)」CC-102艦首のコムサイ・ドッキング部の後部にあるモビルスーツ(Mobile Suite)用のハッチ(UC010994日撮影)。(c)AGP/ Kay Shiden
(編註:画像に「ビート障害」の様な縞(志摩の方がガンダマー的か?)模様が見受けられるが、これは、決して管理人の手抜きなキャプチャー方法に問題があるのでは無く、撮影者のデジカメCCDがジオン艦が戦闘濃度で散布した「Minovsky(ミノフスキー)粒子」の電子回路干渉の影響を受けた為である事をお断りしておく。)

【7月8日 AGP】ソロモン海・海戦記念公園にある宇宙軽巡洋艦ムサイ(Musai)級の残骸群で、一年戦争初期ごろの旧公国(Old Principality)時代の機動軍所属のものとみられるガワラ・ムサイ型から、帰投MSの収容部(ハッチ等の一部)が発見された。バンダイ半刻営の蓑粉通信(PCMC)が5日に報じた。


 ガンダム考察最高評議会(Gundamer Supreme Council of Consideraties、SCC)のチームが、コムサイのカーゴ部と位置が異なる3つめのMS格納部のハッチを発見した。同型艦の艦首の艦底部のハッチはソーティー終了後の推進剤の少ないMS回収用のものとみられる。ハッチ内に収容可能なMSの正確な数は明らかにされていないが、ハッチの中に収容されるMSの様子を撮影したとされる画像も発見されたという。UC0070年代は、ムサイ級(初期型)建造の黄金時代だったとされている。

ムサイ下ss.jpg

 またBAからは、当時考察に使われていた公式に似たサ社製の設定画も発見された。ムサイ、コムサイの項の一部とみられる同様の画像が屋内で見つかったのは2例目。1例目は、ゼータの書(ZetaTEXT)管理人のマウンテンサイクルの中から発見されている。


 UC0109年、ガンダマーの考察学者陰鏡(Kagami)氏がリアル宇宙世紀考察のミアオス:ブログ(MIAOS:blog)記事で、ほとんど語られずに残っているムサイ級の第2のMS収容ハッチの存在を指摘した際には、地球圏的に一大センセーションを巻き起こした。(c)Orz。


AGP BB News ドップへ▼▼▼ 続きを読む? ▼▼▼
posted by ねも at 23:02| Comment(3) | TrackBack(0) | ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

「ムサイ級軽巡」のMS収容・発艦について

「ムサイ級軽巡」のMS収容・発艦について

陰鏡さんから「ムサイ級軽巡」のMS収容・発艦についてコメントを頂いたので、緊急特別考察(笑)を…。

そもそも、ムサイのMSデッキが艦橋下というのが誤りであることを理解しなければならないかもしれません。ムサイのMSデッキは、前方下部にあるレドーム部分であり、シャアザクが改修されたハッチのある部分であり、艦橋下は、補給ハッチとMSの発着デッキであり、常時そこにあったということではない…ということが、各所から散見されます。また、ジオンの艦艇では、立ち姿での収納ではなく、宇宙船らしく、スペースを有効活用した横置きであったことも、初代ガンダムの映像から伺える部分があり、連邦の艦艇より省スペースで運用できたであろうことも解ります。(陰鏡さん)

ムサイのMSデッキが艦橋下というのが誤り?
文字だけの考察では水掛け論になる為、我がBAから緊急でピックアップしたデータを示しながら考察してみたいとおもいます。

ファルメルMSハッチs.JPG
「画像1」は、「ファルメル」(ムサイ級宇宙軽巡)の後方からのショットですが、艦橋下に「MSハッチ」が有るという事については異論が無い事実だと思います。▼▼▼ 続きを読む? ▼▼▼
posted by ねも at 14:31| Comment(4) | TrackBack(0) | ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。